キリヌキとヨリヌキ

基本的には食べたご飯の日記を中心にしようとおもいながら、
結構何でもアリな感じ。毎日おもったことを徒然と。
きにらぬ
外出の自粛が始まった頃から
子供たちにも
ゲーム機を利用させ始めた。
テレビも飽きるだろうし、
新しい事も必要だろうと。

元々 Wii は機会を設けていたのだけれど、
PlayStation も遊ばせるようになった。
物置の奥から引っ張り出して設置。
N は十字カーソルキーとボタンが付いた
コントローラ操作にも早くに慣れたけれど、
Wii のようなモーションコントローラに慣れてしまった M は
手元で操作するコントローラは苦手らしい。

ゲーム機を与えておきながらではあるけれど、
二人に共通する事として
負けたり、
失敗しそうになると
ゲームをリセットしようとする。

ゲームなので
負けたり
失敗することは
当たり前にある。
しかし、
彼らがリセットしようとする行為は
自分の負けや失敗を
認めたくないからとろうとする行動であり、
私は嫌いだ。
であるならば、
ゲームなどしない方が良いし、
するに値しないとさえ思う。

ひとことで表せば
卑怯なのだ。
自分が負けることを認めたくないのだ。

なぜ、
負けや失敗を認めないのだろう。
負けや失敗を繰り返して
攻略方法や改善箇所を考え、
次にプレイした時に
勝てるようにする、
成功するようにする、ということを
ゲームの中だからこそ
再現・シミュレートできるにも関わらず。

このような行動パターンは
いずれ現実の場面でも同じような回避行動をとってしまうのではないかと危惧している。
友達と喧嘩してしまった時、
誰かと意見が合わない時、
何か困難な時、
例えば試験やスポーツ。
スランプや小康状態のようなことは
これからも普通に彼らの人生で起こることなのだ。
その時に
リセットしようとすることはできないし、
だからといって
諦めてしまう、
またはそのような癖や考えになってしまうことは
止めて欲しい。

ゲームを途中で
リセットしようとした場合には、
問答無用で
その後のゲームを遊ばせないようにしている。

もっと負けて、
失敗して
試行錯誤を繰り返してほしいのだけれど、
楽な方に流れようとする考え方や姿勢は
何とかしなければならない。
| ファミリ | 16:34 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 16:34 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by "JUGEM"
△このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>



NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
FEED