キリヌキとヨリヌキ

基本的には食べたご飯の日記を中心にしようとおもいながら、
結構何でもアリな感じ。毎日おもったことを徒然と。
こそこよこ

昼過ぎに
奥さんと M は外出。
N は私と留守番なのだけれど、
N を昼寝に寝かし付けてから
奥さん達は出掛けて行った。

一人寝室で寝る N の横に
私もこっそりと潜り込む。
横から N に腕を渡すようにして
身体を覆っていた。

およそ 1 時間くらいだろうか。
N が起き始める。

寝惚けながらも
最初は私の額の辺りを触っていたのだけれど、
ピタッと手が止まり、
日が差さない真っ暗な部屋で
眼をカッと見開いて
私であることを確認すると、
カァチャン、カーチャン、と大泣きをし始めた。

寝る時は母が横に居たのに、
起きたら父に代わっていたことに驚いたのだろう。
そして、
母でないことの
喪失感的な哀しさが
一気にドッと溢れ出してしまって
泣き始めた、というところだろう。

私、立つ瀬なし。

その後、
諦めたのか
受け容れ始めたのか
数十分ほど布団の中で
うだうだした後で
起きよう、起きてよぅ、と言われて
起きた。

その後は
N と一緒に留守番。
とりあえず BGM 代わりにテレビを点けておいて
脇や股をこしょぐりながら。
N の大好物である 干しブドウを与えながら
ご機嫌取りをしつつ、
奥さん達の帰宅を待つ。

| ファミリ | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 16:50 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://atusio9.jugem.cc/trackback/7936
トラックバック
Powered by "JUGEM"
△このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>


www.flickr.com

NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
FEED

@ao9 からのツイート