キリヌキとヨリヌキ

基本的には食べたご飯の日記を中心にしようとおもいながら、
結構何でもアリな感じ。毎日おもったことを徒然と。
なをたかに

先日に投稿した
スマートフォンアプリからの投稿時の不具合、
解決されたらしい。

2020.03.22 [ 解決済み ] アプリでの記事投稿が出来ない( [E001] エラー)

追記 : 2020/03/23 14:47

原因の調査・修正が完了し、現在復旧している状態が確認できました。
原因は、サーバネットワークにてセキュリティ上のエラーが発生していたものとなります。

おぉ、サーバネットワークのセキュリティ上のエラーとなると
SSL 証明書の期限切れとかかしら。

明日にでも試してみよう。

 

続きを読む >>
| インターネット | 01:18 | comments(0) | -
けこうみぉね

インターネットで買い物をすることはあるけれど、
楽天市場で買うことはない。
そんな私のメールアドレス宛に
楽天市場というキーワードを含んだ
メールが届いていた。

予め添えておくと
メールは
迷惑メールフォルダに受信していた。

注意喚起のためにエントリ。

続きを読む >>
| インターネット | 01:13 | comments(0) | -
ほぬぃきな

最近、仕事では Google Chrome を利用するのだけれど、
プライベート、
特に最近使い始めた MacBook Air では
もっぱら Mozilla Firefox を利用している。

Firefox 、
ほんとすごい。
ネットサーフィンしていても
煩わしい広告が全く出てこない。
AdBlocker はまったく不要。

が、一方で
広告表示による収益で
サービスを提供している事業者にとっては
致命的な大打撃をもたらす
敵以外の何者でもないのだろうな、と。

アプリとウェブサイトの両方でサービスを提供しているような場合、
例えば Spotify 。
アプリだと
定期的に広告や CM が挿入されるけれど、
Firefox のウェブブラウザ経由でストリーミング再生すると
広告はまったく表示されずに
空白のまま。

例えば、
このウェブログ、JUGEM も。
トップページにアクセスすると
一番上には投稿した最新のエントリが表示されるけれど、
その真下には
広告が表示されていた。
Firefox 経由でアクセスすると、
その広告が表示されずに
次のエントリまで一続き。

有料サービスも提供しているけれど、
有料サービスに契約してもらうために
一部の機能制限や広告表示をしながら
提供されているサービス提供事業者にとっては
無料で提供を継続するための
原資がなくなってしまうことになっているのではないか。

残念ながら、
Firefox のシェアは少ないので、
なかなか目には見えないけれど、
一度使ってみたら、
もう広告が表示されるウェブブラウザには
簡単には戻れない。
広告が表示されないことによって
副次的にウェブページの表示速度も上がっている。

早くて快適、
しかも広告もない、となると
一粒で二度美味しい。

違う観点からすると、 Firefox のような広告を表示させないウェブブラウザの利用が拡まっても
サービス事業者は
強制的に広告を表示させようとするはず、ということだ。
技術のいたちごっこなので、
別の回避方法によって。
しかも、 時に利用者への負荷や手間を増やしてでも。

しかし、
そうでもしないと、
原資も稼ぐことはできないとなったら、
その選択肢は仕方がないことなのかな、とも思う。

| インターネット | 21:20 | comments(0) | -
どりふ
今日は土曜日だけれど、
学校参観がある日。
地域の行事もあって
奥さんはその準備のために小学校へ。

私と N も後から向かうけれど、
その間に Amazon Prime ビデオから
8 時だヨ!全員集合を観る。

大掛かりな舞台、
BGM の生演奏、
普通に行われるツッコミと
テメェやバカヤローの言葉遣い。
何度も何度も当たり前に繰り返される
体当りやズッコケ・転倒。

今観ても面白いし、
N も笑っていた。
世代は変わっても普遍的な娯楽の形が
今でも息衝いている。

改めて観ると
当時のアイドルも沢山出演して
LIVE の生歌だけではなく
コントも。
リハーサルから関わると
練習にも時間掛かっていただろうな。
毎回地方の建物だった事も好印象。

ドリフターズ、今でも好きだわ。
| インターネット | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0)
ながめ
学生時の同級生からメッセージ。
facebook は
直接の連絡先は知らなくても
相手を見つけて
連絡をとれるようになるから
やはりすごい。

23:30 くらいから
メッセージのやりとりが始まったのだけれど
あっという間に 2 時近く。

一昔前ならば
長電話という事で
意味はなく、
取り留めもなく、
ただ互いに電話の前に居るという状況に、
受話器を肩と耳で挟みながら
カールコードを指にくるくると巻き付けたりしていた長電話。

メッセージのやりとりのスレッドが
時系列になって並ぶ。
あ、ちなみに今回は意味がある。
メッセンジャに付いている
無料の通話機能も使えるけれど
あえてメッセージ。
遅い時間ということもあって。

いや、
同級生であろうと
同僚であろうと
通話機能を用いて話す事は
もはやほとんどない。

奥さんと通話する時は歩けれど
ほとんどはメッセージ。
実家との連絡くらいかな、
通話する時って。

もはや長電話ではなく、
長メッセージなのだけれど、
久し振りにコミュニケーションする事もあって
楽しかった。
| インターネット | 02:32 | comments(0) | trackbacks(0)
っとぺばねよや
今月末で有効期限が失効してしまう
HOTPEPPER のポイントが
2,000 ポイントあったので
使えるお店を探して予約した。

HOTPEPPER の予約は初めてだけれど、
ポイント利用とお食事券、
即時予約とリクエスト予約と
少し分かり難い。

ポイントでもお食事券でも良いのだけれど、
みすみす失効してしまうなら
使いたいだけなのです。
| インターネット | 01:18 | comments(0) | trackbacks(0)
あまぷらび
週末の天気は
予報どおりに雨。
こういう日は
Spotify の音楽を聴くか
Amazon Prime ビデオを観るに限る。
梅雨の時期には
梅雨の時期の過ごし方がある。

Amazon Prime は通勤の電車内で観ているけれど
最近は昭和元禄落語心中のシリーズを観ている。

とても面白い。
落語も目見えて。
そして話も引き込まれる。
所々にホロリとしてしまった。

一気に観て
梅雨の休日、
充実させる。
| インターネット | 15:08 | comments(0) | trackbacks(0)
めわくめ
メールを確認すると
件名が " アカウントの最近の変更:Aмazon.co.jρ アカウントを確認する必要があります。 " という
メールが届いていた。

結論からすると
詐欺メールなのだけれど、
疎い人が受信したら
騙されてクリックして
誘導されてしまう可能性は高い。

送信者名は Amazon.co.jρ だけれども
メールアドレスのドメイン名は cs-amazonaws****.com になっている。
**** の部分は数字になっている。

アカウント( @ アトマークの前の部分)には
適当そうでランダムな英数字が混ざっている。
多分、メールアドレスと関連付けられていて
送信状況の確認や
メール本文をクリックしたかどうかの追跡もできるようになっているはず。

さらに巧妙な事は
この件名の一部を検索した時に、
検索結果の上位に表示される幾つかのウェブページ。
パスワードを入力してみると
ログイン出来ないという事も書かれていたりして、
サポートの電話番号まで書かれてある。

正しい番号も案内されてはあるけれど、
もしも検索結果の画面に表示されたウェブページにある
電話番号が
意図的に違う番号が掲載されていたら、と考えると
恐ろしい。

先ずは怪しかったらクリックしない、
クリックする前に amazon.co.jp にアクセスして
アカウントの状態を確認する。
閲覧や注文履歴など。
それでもふあんだったら、
amazon.co.jp のウェブページ内の下の方にある
カスタマーサービスへのリンクを辿って
適切な案内を選択する、と
いう対応が良さそう。

詐欺の方法もメールだけでなく、
検索結果も使って巧妙化しているし、
気を付けないと。
| インターネット | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0)
ヴぃちゅうば

WBS を観ていたら
YouTube のライブ配信が案内されていたので、
試しにアクセス。

相内ユウカのわからせたい!

番組で採り上げた内容を
分かり易い説明で掘り下げられている。
質問も一般視聴者の視線で進められて
なかなか面白い。

配信時間の遅れは
配信人員の少なさによるもので、
テレビ東京あるあるとされたりして、
面白い。

さて、気になったことは、
テレビでライブ配信が案内された時に
どのくらいの視聴数になるのか、という点。
ライブ配信が開始される前の待機状態からアクセスしていたけれど、
YouTube の視聴者数はおよそ 2,600 から 2,700 の辺りで推移。

相内ユウカにわからせたい!
相内ユウカにわからせたい! ライブ配信中の瞬間視聴数

Wikipedia によると WBS ワールドビジネスサテライトの視聴率は 3% を少し上回る辺りらしい。
ワールドビジネスサテライト - Wikipedia

クール単位での平均視聴率は 3% 程度で推移している。一例をあげると 2011 年 10 月クールは 3.7%、2012 年 1 月クールは 3.9% である。(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯。以下略)

3.7% と 3.9% の平均で 3.8% としてアプローチを進める。

次に視聴率 1% がどの程度の人数に相当するかを調べてみる。
" 視聴率 1% 何人 " というキーワードで検索すると、
幾つかの検索結果が表示されるけれど、
日本の人口を元にして
1 億 3,000 万人の 1% だから 130 万人とすることは間違えているとのこと。
詳しい理由は実際に検索した結果を確認した方が良いのだけれど、
それでは、どのようにして視聴者数や世帯数を算出しようかと
考えあぐねた時に発見した検索結果が
カシオ計算機が運営する ke!san というウェブサイトの
視聴率から視聴世帯数・視聴人数を推計 というページ。

試しに視聴率 3.8% と入力して、
計算のボタンを押下すると
視聴世帯数 688,826 世帯、
視聴人数 1,547,588 人という結果が表示された。
この数字を元に進めよう。

ライブ配信の視聴者数を 2,700 人として、
視聴世帯数に対する割合と視聴人数に対する割合を計算すると
誘導成功数というか
テレビの影響度合いを出せるのではないか?
視聴世帯数では 0.00391971267、
視聴人数では 0.00174465038 という計算結果になった。
パーセンテージ換算すると
0.39% と 0.17% 。

この数値が高いか低いかの判断はそれぞれだけれど、
視聴数をウェブサイトで行われるマーケティングでいうところの
コンバージョン率として考えると
個人的には
この数値は " このくらいが妥当ではないか " と思える数値。
テレビを観て、
ウェブブラウザを起動して
YouTube にアクセスして
YouTube 内の検索を行わないとライブ配信は視聴できない。
普通に Google から検索しても
過去の配信が表示されるだけ。

おそらくは
Google から検索した時でも
直接的にライブ配信できるようになれば、
もっと視聴数は伸びると思われる。

| インターネット | 00:46 | comments(0) | trackbacks(0)
さぎめるきてた
久し振りに
自分のメールアドレスから迷惑、いや詐欺メールが届いていた。
自分のメールアドレスから
自分のメールアドレス宛に。

内容はコンピュータは Malware に感染していて
私のカメラやキー入力内容など
すべてを把握している、という。
そして、撮ったビデオを公開されたくなければ、
指定の Bitcoin を購入せよ、との事。

私のコンピュータは
カメラの機能が使えないようになっているのだけれどな。
送信元の IP アドレスを調べると
チリだった。

件名を調べてみたら
他にも同様のメールを受信している人は結構居るらしく、
中にはメールアドレスとパスワードを掲載したメール内容もあるらしい。
私のメールボックスに届いたメールには、
パスワードは無かった。
自分のメールアドレスから送られてきているので、
偽装されているとはいえ
メールアドレスは何処かにリスト化されてしまっているのだろう。


皆様もお気を付けください。
| インターネット | 02:25 | comments(0) | trackbacks(0)
Powered by "JUGEM"
△このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>



NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
FEED