キリヌキとヨリヌキ

基本的には食べたご飯の日記を中心にしようとおもいながら、
結構何でもアリな感じ。毎日おもったことを徒然と。
いもほー
地域のジャガイモ掘り。
晴れ、良かったね。

集合場所の小学校に徒歩で向かう。
M だけでなく、
N も連れており、
案の定、抱っこをせがまれる。
始める前から
既に汗だく。

親子合わせて
200 人弱かな。
はじめの説明を聴いて
ジャガイモの畑へ。
人口が 4 株。
白い線が引かれたところまでを掘る事ができる。

ひたすらガリガリ掘る
手慣れた M に比べると、
土を掘り返す力も要領も分からない N 。
私は手伝うつもりはなかったけれど、
最終的には
スコップを使って
土を掘り返して
現れたジャガイモを N に取らせることに。





M の軍手は真っ黒に。
掘る事が楽しいのか、
芋はもうないのに
ひたすら深く掘っていた。


収穫としては
昨年よりも沢山採れたかな、というところ。
帰り道は M に持たせて帰る。
取る事だけを楽しんで
重たいからと言って
持ってあげる程甘くはない。
結局、帰り道も N を抱っこしていたし。
| ファミリ | 11:18 | comments(0) | trackbacks(0)
だがいもをーつまろ
朝の登園時に
自転車の前カゴに乗せた N が、
" たがいもをお " と言っていて
何の事かと確認すると
ジャガイモ掘りの事だった。

明日は地域の催しで
ジャガイモ掘りがあり、
昨年に続き
今年も参加する。
昨年は 2016.06.25 の開催だった。

昨年は
たしか小雨の翌日で
地面も畑も
少し湿っていたのだけれど、
今年は晴れそう。

しかも、
昨年は参加できなかった N も
今年は参加できそうなので、
楽しみにしているらしい。
…とは言え、
ジャガイモを掘り起こすだけの体格も体力もないし、
土で遊ぶか、
見ていることしかできないと思われるけれど。
| ファミリ | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0)
びぃえきい
雨が降るかもしれないという天気の
曇り空の中。

南北連絡通路で
駅員さんの制服を着れる
イベントがあったはず、と
家の中で手持ち無沙汰になっている
子供達二人を連れて
吉祥寺へ。

ちょうど良い時間に
到着して並ぶ。
二人とも駅員さんの
白い制服を着て写真撮影。
慣れた M に比べて
始終表情が硬いままになった N 。
経験の差だね。

三枚撮影した内から
一枚を選んで
その場で写真として出力してくれました。
良かったね。
| ファミリ | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0)
ありかとに

M 作 父の日 似顔絵

薄ら笑い気味なところが怖いです。
髪が少な過ぎです。
実際はもう少しあるはず。
眉毛はないのですね。
目の大きさが左右で微妙に違うところは、よく描き分けているかな。
きっと偶然の事だと思うけれど。

帰宅して
一人で食事しながら
つい笑ってしまったよ。

でも、
ありがとうございました。
写メも沢山撮りました。
| ファミリ | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0)
こるすはむ
10 時過ぎに出発して
井の頭公園の三角広場へ。
到着すると、
既にテントも建っていて
人で賑わっていた。

しかし、
川に水は流れておらず、
どちらかというと
干上がっているくらいで
とても水遊びができるような状況になく。
着替えを持って出てきた M は
残念な様子。
テントも子供にとっては
何も面白いものはなく。
着いて一回りもせずに
後にすることに。

楽しみにしていた M が
可哀想だったので
水生物園へ行く事に。
先日来たばかりということもあって
軽く通り抜ける。

出口で良い音がすると思ったら
レイリンさんという台湾の方が
古琴(こそう)を演奏していて、
暫し聴く事に。
子供達も直ぐ目の前に陣取って。
四曲ほど聴いたところで
良い時間になったこともあり
昼食へ。

中華街に向かって
ラーメンとチャーハンのセット。
子供達にはジュースも付けて。
| ファミリ | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0)
をめでと
週三回通う
珠算(算盤 そろばん)の検定試験を
先日受験した M 。
今日はその結果発表の日。


合格

見事に合格。
しかも満点。

すごいじゃないか。
普段から感心する程
頑張っているので
合格という結果に、
しかも満点という事で
嬉しさ倍増。

努力が報われて
良かったね。

今回の点を励みにして
さらに精進して欲しいところ。
| ファミリ | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0)
いっぴきら 2
小平駅の南口から
あかしあ通りを直進して
青梅街道と交差するところで
東へ向かう。
バーミヤンが見えると
そのお店の裏手辺りに入口がある。
フクシマストロベリーファームへ。

陽射しの中
ひたすら歩く。
日を遮るものが無いので
水分は持参した方が良いだろう。

園に着き
ビニールハウスまで向かったところで
簡単に受付をして
鋏とビニールのパックを貰う。
室内用のスリッパに
靴を履き替えたら
いよいよイチゴ狩り。

フクシマストロベリーファームは
時間制ではなくて
採った分を計量する料金体系。
¥ 270/100g で、
パック擦り切れ一杯分で
だいたい ¥ 800 - 900 くらい。
休憩コーナもあるので、
料金を払った後ならば
その場で食べることも出来る。
もちろん、持ち帰りも可能。

誰もイチゴ狩りに行った事は無いのだけれど、
イチゴのヘタ部分の真上で切れば良いだけ、
切った後のイチゴは
他のイチゴに影響して
病気を起こしてしまう原因になるので
棚に戻してはいけない。

最初は選びながら切っていた M も、
途中からは直感的に採り始め、
採り過ぎないように注意しながら。

採り終えて計量すると
900 円しないくらいの量。
その場で食べたけれど

甘い物もあれば、
香りが強い物もあれば、
酸っぱい物もあって
全部食べてしまった。
| ファミリ | 13:07 | comments(0) | trackbacks(0)
いっぴきら 1
以前から
イチゴ狩りに行きたいと
言っていた奥さん。

小平にイチゴ狩りが出来るような場所があると
調べていたのだけれど、
先日の連休期間中に問い合せると
午前中にその日の受付分は
終了してしまったとの事で、
行けなかった。
朝早くに連絡して
確認しないと分からないということで
今日は朝起きて
電話で問い合わせると
大丈夫、との事で
支度して向かうことにした。

西武新宿線の小平駅から
徒歩 10 分程度ということで
電車に乗って向かうことにした。
西武新宿線に乗る事は
随分と久し振り。
上京した頃は
沿線に住んでいたのだけれど、
それ以来かな。


夏日のような強い陽射しの中
いざ、イチゴ狩りへ。
| ファミリ | 09:27 | comments(0) | trackbacks(0)
たのすくて
昨日は
遅過ぎた訳ではないのだけれど、
今日は、
午前中は特に
眠気から始まった一日だった。

スロウな頭の回転力で
過ぎったことは
昨日の M との親子デート、楽しかったな、です。
もちろん手抜きな仕事はしてませんよ、そのような事が時折過ぎったとは言え。

ドキドキやワクワクではなくて、
M に注文や確認をさせたり
何がしたいかを訊ねたり、
代々木から渋谷までを歩き回るという
成長度合いのテストをしているような感覚で。

それなりに散財が必要なので
毎度は難しいけれど、
これから盛夏に向けて
もう少し活動的な事をしたい。
| ファミリ | 21:47 | comments(0) | trackbacks(0)
がんのん
これまでは
登園を嫌がっていた N だけれど、
今朝は違って
意気揚々と
自ら館内へ。

いつものコースで
上水道の鯉を見て
保育園へ。
一昨日からアプローチに植えられている
植栽の花を見るようにしているのだけれど、
今朝もオレンジ、黄色と言いながら
さて行こうか、と言うと、
これまでは抱っこされても泣いていた階段箇所を
自分の足で
一段ずつ上った。

玄関に入ると
靴を脱ぐ事を嫌がり、
部屋に行く前には
涙を見せて
顔をクシャクシャにしていたのに
今朝は自ら靴を脱いで
下駄箱にしまい、
先生に抱っこされながらではなく
自分から率先して
部屋に入って行った。

一ヶ月にして
慣れたのか
それとも愉しみを見つけたのか。
いずれにしても
大きな一歩。
| ファミリ | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0)
Powered by "JUGEM"
△このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>


www.flickr.com

NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
FEED

@ao9 からのツイート