キリヌキとヨリヌキ

基本的には食べたご飯の日記を中心にしようとおもいながら、
結構何でもアリな感じ。毎日おもったことを徒然と。
こたそぶ

この数日、
遅い日が続いたこともあって
今日は早く帰ろうと決めていた。

比較的早い時間に帰宅。
子供達は奥さんと一緒にお風呂に入っていた。
入浴の間に
夕飯を食べる。

その後で
出てきた N の身体をタオルで拭いていると
脱衣場で
あっ、
...と言いながら、
チロチロと漏らしてしまった。
幸いにも足拭きマットの上だったので
再度シャワーで洗い流して
次こそ身体を拭く。

服を着てからは
絵本を持って来るので読み、
ブロックで遊ぼうと誘ってくれたので一緒に遊び。

久し振りに子供との時間を過ごす。

| 日記 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0)
えたちど
天鴻餃子房へ。
海老たまチリ丼を単品で注文。


海老たまチリ丼 ¥ 780

少し掬って
食べると美味しい。
私としては
チリが無くても良いのだけれど。
| ご飯 | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0)
のーこぱら
やきとりセンターへ。

いつも鶏唐揚げ丼を注文しているので、
今日は変えてみようと
濃厚鶏白湯ラーメンを注文。
注文時に確認したところ
ラーメンの大盛りもできるとのことなので、
大盛りにして注文。
ライスも無料だけれど、
今回は一旦ライスは付けずに。



濃厚鶏白湯白湯ラーメン ¥ 680

スープ自体にとろみがある。
鶏を煮込んだ時のスープを使いつつ、
麺に付いた小麦からも出ていそう。

もう少し細麺で
鶏のダシ感をもっと出した
澄んだスープにするともっと良くなる気がする。

添えられた山椒は
かなり強めで、
少しだけ足してみたけれど
暫くの間、
舌が麻痺していた。

満足度としては
普段から注文している
鶏唐揚げ丼の方が高いかなぁ。
| ご飯 | 13:25 | comments(0) | trackbacks(0)
こわさる
先週一週間は
登園する度に
別れ際に大泣きした N 。

昨日は先生に抱っこで引き渡されて、
今日は床に下ろすと
自ら先生の下に歩いて行って
抱っこしてもらっていた。

先生のご対応には
とても感謝しているのだけれど、
きっと N 自身が、
少しずつ自分で考え始めるようになって、
私は自分( N )をその場に残して行ってしまうけれど、
先生であれば
抱っこしてくれる、ということを
学び始めたのだろう。

トコトコと先生の下に向かって行く
覚束無い足取りは
力強くもあり
親としては
寂しくもあり。

今更ながらに
こういう時の親の気持ちを
経験値として分かるようになってきた。
| ファミリ | 09:31 | comments(0) | trackbacks(0)
ままえのまなか
居食処まんなか屋へ。
一本入った所にあって
少し見つけ難い。

席に着くと
メニューを出される前に
何にしますか?と訊ねられる。
予め店の外にある
看板でメニュをチェックしておくこと。

前回と同様に
ちらし丼を注文。
大盛りにして。


ちらし丼 ¥ 900
大盛り 無料

ちらし丼と言ってもいい
海鮮チラシなところがありがたい。

私よりも後に来店した方は
皆さん焼魚を注文されていたのだけれど、
隣の方が注文されたメニュを見てみると
大きな切り身の
焼き鮭だった。
美味しそうだったなぁ。

私はもう一つ興味のあるメニュがあって、
マグロ丼なのだけれど、
それは次のお楽しみにしようと思う。

| ご飯 | 14:03 | comments(0) | trackbacks(0)
あわかちゃあ
1 月は
年明けから
二週間続けて
月曜日がお休みになる。
ありがたい反面
" よし、今年も頑張るぞ! " という
心機一転のタイミングを重視したい人には
腰砕けなスタートになる。
…ということで、
今週から改めて通常の営業日が開始される。

次の連休は
3 月 20 日の春分の日までないという
悲しい事実もありながら。

さて、
お昼ご飯にどこに行こうか悩んでいたら
同じタイミングで出掛ける人が居たので
一緒に昼食へ。

天鴻餃子房。
フカヒレ風餡掛けチャーハンを
元祖餃子を 4 個付けて。


フカヒレ風餡掛けチャーハン 元祖餃子 4 個

麺ではなくて、
ご飯を。
しかも、上に何かしら掛かっているか
乗せられているご飯が食べたかったので
フカヒレ風という言葉に期待した訳ではなく
注文したのだけれど、
エビ玉チリご飯の方が良かったかも。
今日のご飯は
味が濃かった。

一緒に行った人は
同じチームの
部下になる人なので
ココは一応上司ということもあり、
二人分のお代を払う。
まぁ、毎日ではないし、
その方は貢献してくれているので
たまに奢るくらいは
全然良いのです。
幸いにも今月は
まだ余裕があるし。
| ご飯 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0)
たぃしを
夕飯はタイの塩焼きと
ほうれん草のおひたし・胡麻和え。

肉が続いていたので
お昼ご飯はお寿司だったけれど、
魚料理にしようということで
帰宅前に寄った
スーパーで
かなり大きくて
お買い得な値段で切り身になっていた
タイを塩焼きする事に。

食卓に出ると
N は" オニクチョウダイ " と
魚を指して強請(ねだ)る。
お肉ではなくて
お魚だよ、とは
何度も教えているのだけれど、
どうも覚えきれないらしい。
そして、魚の肉ではあるので
意味としては
間違えている訳でもなく。
食卓における
表現として適切ではないというだけなのだけれど。


かなり肉厚だったこともあり
次から次から
喜んで食べていた。

そうはいっても
タイは比較的高めなので、
ブリでも良いかな、とは思うけれど。
…っと、エントリをしている間に
久し振りに
サバの塩焼きを食べたい気分にもなってきた。
| ご飯 | 20:13 | comments(0) | trackbacks(0)
くらすしる
今日のお昼は
くら寿司へ。
M のリクエストもあり、
久し振りに。
金曜日の夜に
奥さんに予約してもらう。
自転車に乗って
井草八幡宮を目指す。

朝から、
いや、昨日の夜から
ずっと楽しみにしていた M は
起きてからずっと
くら寿司、くら寿司…とうるさいくらい。
少し早めに出掛けて
すぐ横にある
スーパーと家電量販店に寄った後で
お店に向かうと
ちょうど店内に入ると同時に
予約の受付番号が呼ばれた。

生物ということもあって
N はあまり食べず。
納豆巻きやかっぱ巻き、
変わり種の豚バラチーズのお寿司も
あまり食べなかった。
まだ早いか。

M はネギマグロの軍艦と
マダコの寿司を食べていた。
しかし、M の楽しみは
回るお寿司や
注文のタッチパネルもあるけれど、
何よりもお皿 5 枚毎に
一回できるガシャポンにある。
自分が食べ終わった皿だけでなく
私や奥さんの皿まで
集めて投入口に入れる。

今回は、
大人二人、子供二人で、
合計 30 皿。
6 回ガシャポンをして、
消しゴムが一つ当たった。
動機には疑問が残るけれど、
今回は M も
しっかりと食べていたし、
楽しんだのであれば、
まぁ、ヨシとしよう。

帰宅前に青梅街道沿いのオリンピックと
上石神井駅近くのスーパーに寄ってから帰宅。
| ご飯 | 13:23 | comments(0) | trackbacks(0)
いぇいぇーぃ
お昼ご飯は
昨日の博多ラーメンに続き、
家系ラーメン。
こってり続き。

家・家・家へ。
ラーメンを中盛にして
ご飯は普通にした。


ラーメン ¥ 700
中盛 ¥ 100
ご飯 ¥ 0

麺硬め、味薄め、油多めにして注文。
ラーメンの味はちょうど良いくらいかな。

さすがにご飯を注文するのであれば、
ラーメンは中盛にしなくても良かったかも、とやや後悔。
| ご飯 | 14:12 | comments(0) | trackbacks(0)
こぃまぇ
近頃は N の甘え癖が
メキメキと強くなってきた。
何かと抱っこをせがみ、
奥さんの姿が少しでも見えなくなると
カアチャン、ドコ?と
何度も確認する。
保育園の登園時も
ずっと抱っこをせがまれる。
先生に伺う分には
私がそこに居ないということが
完全に認識できると
落ち着いて
普段どおりに
生活しているらしい。


そのため、
別れ際は
先生方も気を遣ってくださって
引き離しながらも
優しく抱っこしてくださる。

毎回泣かれると
私としても
嬉し悲しな気分。

今朝は
奥さんが出掛けるよりも早い時間に
園に送り出したのだけれど、
園に向かう自転車の中で大泣き。
しかも、
自転車のハンドル部分に固定されている
カゴ状の子供用の座席の中で
通常の前向きから
私の方に向き直そうとして、
それもものすごい力で、
こちらを向いている
N の背中を
トントンと叩きながら登園。

何かと
イヤ、イヤと言うし、
そろそろそういう時期なのかな。
| ファミリ | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0)
Powered by "JUGEM"
△このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>


www.flickr.com

NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
FEED

@ao9 からのツイート